Cisco

ip helper addressとは?DHCPリレーを実現する。

投稿日:2014年1月26日 更新日:

 

DHCPとは?

→  DHCPとはなにか。

 

一言でいうと、自動でIP、アドレスを割り当てるプロトコルです。

 

しかし、DHCPのパケットは一つ問題がありました。

それは、DHCPクライアントが放つDHCP DISCOVERはブロードキャストでしか送信されないということ。・・・つまり、ネットワークを超えて送信されることはないのです。

 

しかし、ルータやL3スイッチのネットワークを超える機器に設定を入れることによって、それを実現することが可能となります。

 

これを「DHCPリレー」と呼びます。

 

下図のようなイメージですね。

dhcp-relay

cisco機器の場合、そのために必要なのが「ip helper address〈DHCPリレーサーバのIPアドレス〉」というコマンドです。

この設定は、L3 interface や、interface VLAN に設定してあげます。

 

例)
(config)# interface vlan 1
(config-if)# ip helper-address 192.168.1.1

 

 

上図のネットワークで言えば、DHCPクライアントはIPアドレスを取るために、「DHCP DISCOVER」をブロードキャストしますが、DHCPサーバはネットワークを超えた先にいるので、DHCPサーバには届きません。

しかし、DHCPリレーエージェントはDHCPクライアントが送信した「DHCP DISCOVER」をユニキャストでDHCPサーバに届けてくれます。

 

DHCPサーバからの帰りの通信も同じようなイメージで、DHCPクライアントに届けて、IPアドレスが払い出されます。







-Cisco
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Ciscoルータ、L3スイッチ VRFの設定方法

  今回は、Ciscoルータ、L3スイッチによるVRFの設定についてです。 VRFとはL3の仮想化技術です。(VLANはL2の仮想化技術) ルーティングテーブルを論理的に分割することができま …

Ciscoルータ・スイッチをDHCPサーバとして設定する方法

  今回は、ciscoルータをDHCPサーバにするための設定方法を解説します。   実は、ルータだけでなく、L3機能を有していればDHCPサーバとして動かすことが可能なので、L3ス …

Cisco無線LANのトラブルシューティング

無線を導入していると 「通信が遅い」や「無線接続が途切れる」といった トラブルが発生することが少なからず発生します。 既存環境の調査として、調査込みのサイトサーベイを依頼されたこともありますが、 一般 …

Cisco ACS ver5 ログコレクタとレプリケーションの設定方法

今回は、Cisco ACSのログコレクタについてと、 レプリケーション(冗長化)の設定方法を説明します。 特に、レプリケーションの設定でうまくいっていない場合は是非参考にしてください。  

Cisco WLCのバックアップ・リストア方法

あらかじめ作業用端末PC上に3CDaemonなどのフリーのTFTPソフトを起動します。 知らなかったんですが、最近のバージョンからはHTTPでダウンロード・アップロードが可能になってました。 Cont …

ナナシ

ナナシ(30前後の男)



プロフィールはこちら