Cisco VMware

Cisco CatalystスイッチとVM vSwitchのリンクアグリゲーション構成について

投稿日:2019年5月5日 更新日:

仮想基盤構築にあたって、

ネットワークスイッチとESXiとの接続は、ネットワークエンジニアとサーバエンジニアの境目になるところであって、認識のずれによって、トラブルになりやすいところとなります。

ネットワークエンジニアとしても、多少カバーしておきたい範囲です。

通常、下記の通り、筐体冗長・リンク冗長の構成をとりますが、

注意したいのは、リンク冗長の部分です。

 

ESXiのvSwitchとしては、ロードバランシングの設定、

スイッチ(cisco catalystを想定)としては、Etherchannelの設定が必要です。

 

一般的に、送信元・宛先IPアドレスによって、ロードバランシングを行って、冗長リンクを効率よく利用します。そのため、それぞれ下記の設定を実施します。

vSwitch:ロードバランシング「IPハッシュに基づいたルート」

cisco catalyst:port-channel load-balance src-dst-ip を設定

       Etherchannelはmode onで設定

       (spanning-tree portfast を設定)

 

vSwitchの設定は以下を確認ください。

対象のESXiを選択し、[設定]>[ネットワーク]>[仮想スイッチ]を選択します。

[編集]>[チーミングおよびフェールオーバー]にて、「IPハッシュに基づいたルート」を選択します。

 

vSwitchはバージョン等忘れましたが、下記のバグにあたったことがあるので注意が必要です。

—-

vSphere Web Client上では、設定値が「IPハッシュに基づいたルート」になっていたが、

vSphere Client上では、「発信元の仮想ポートIDに基づいたルート」になっており、「発信元の仮想ポートIDに基づいたルート」が有効になっていた。

—-

 

スイッチ側に関しては、下記サンプルコンフィグとなります。

port-channel load-balance src-dst-ip

interface Port-channel1
 description ESXi
 switchport trunk allowed vlan 1,10
 switchport mode trunk

interface GigabitEthernet1/0/1
 description ESXi-01
 switchport trunk allowed vlan 1,10
 switchport mode trunk
 spanning-tree portfast edge trunk
 channel-group 1 mode on

interface GigabitEthernet2/0/1
 description ESXi-01
 switchport trunk allowed vlan 1,10
 switchport mode trunk
 spanning-tree portfast edge trunk
 channel-group 1 mode on







-Cisco, VMware
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Cisco GREoverIPSecの設定方法

  GREoverIPSecについての説明は他サイトをご覧ください。 「GREoverIPSec」とgoogle検索すると詳しく解説しているものが 複数出てきます。 ここでは、GREover …

Cisco WLCのバックアップ・リストア方法

あらかじめ作業用端末PC上に3CDaemonなどのフリーのTFTPソフトを起動します。 知らなかったんですが、最近のバージョンからはHTTPでダウンロード・アップロードが可能になってました。 Cont …

Cisco WLCの初期化方法(Factory default)

WLCを工場出荷時状態に戻す設定方法を記載します。 Contents1 GUIで初期化2 CLIで初期化 GUIで初期化 1.COMMANDS タブに移動します。 2. Reset to Factor …

Ciscoルータ・スイッチをDHCPサーバとして設定する方法

  今回は、ciscoルータをDHCPサーバにするための設定方法を解説します。   実は、ルータだけでなく、L3機能を有していればDHCPサーバとして動かすことが可能なので、L3ス …

Cisco Catalyst6500/4500 VSSの設定方法

VSS(Virtual Switching System)とはCatalyst6500や4500で使用する技術で、 2台の機器を1代台の機器に見せる技術です。 Catalyst3750などで使用するS …

ナナシ

ナナシ(30前後の男)



プロフィールはこちら