ネットワークエンジニアは英語が必要である

 

ネットワークエンジニアは英語が必要である。

 

多くのネットワークエンジニアは、
理系卒、あるいは専門卒であると思うのですが、

たぶんこういう人は英語が苦手であるかもしれません。
まあ、僕は文系卒であっても英語は苦手なのですが。(嫌い意識はないです)
しかし、ネットワークエンジニアとして英語は、
基本的には一部分のみでしか必要にはなりませんので、恐れることはありません。

 

じゃあ、なぜ英語が必要なのかというと、
英語が必要な場面を考えてみたらよいですね。

 

ネットワークエンジニアが英語を使う場面というのは、
以下のようです。(国内で働くことを前提にしています。)

・機器の設定画面はすべて英語です。
コマンドは覚えることができますが、
エラーが出たりするときに、パッと理解できたほうが良いです。

また、原因不明なエラーの場合、google検索するかと思いますが、
その解説も多くの場合は英語でしか出てきません。

 

・機器、技術の詳細を調査するときに、
日本語サイト、マニュアルで出てこない場合は、
英語のサイト、マニュアルを参照する必要があります。

 

 

こうやってみていくと、リスニングやスピーキングが必要なわけではなく、
リーディングのみが必要ということです。

さらに、英語の単語は必然的に、ネットワーク系によってくるので、
語彙数がそんなに多いわけでもないと思います。
都度、単語の意味を調べて覚えていけば大丈夫でしょう。

 

但し、中学レベルの文法がわからなければそもそも読めないですので、
わからなければ、そのレベルは最低勉強したほうがいいでしょう。

 

このように、英語が必要とはいっても、恐れるほどのものではないです。

中学校からの読み書き主体の英語学習によって、
日本人は特にリーディングは慣れていると思いますので、
必要に応じて、英単語を調べるなどの勉強スタイルで十分でしょう。

 

日頃から、日本語のマニュアルに載っていないことは、
積極的に英語のサイト、マニュアルを探して読むようにし、
都度、わからない単語などを調べていくという方法を僕はとっています。

 

ただし、CCIEのような英語のみの資格試験を受ける場合や、
外資系メーカーや国外で働く場合、
それ相応の英語の勉強をしなければならないので、

あくまで、業務レベルではこの程度で問題ない
ということを今回はお話しました。

 

ありがとうございました。

 



コメントを残す