ip helper addressとは?DHCPリレーを実現する。

 

DHCPとは?

→  DHCPとはなにか。

 

一言でいうと、自動でIP、アドレスを割り当てるプロトコルです。

 

しかし、DHCPのパケットは一つ問題がありました。

それは、DHCPクライアントが放つDHCP DISCOVERはブロードキャストでしか送信されないということ。・・・つまり、ネットワークを超えて送信されることはないのです。

 

しかし、ルータやL3スイッチのネットワークを超える機器に設定を入れることによって、それを実現することが可能となります。

 

これを「DHCPリレー」と呼びます。

 

下図のようなイメージですね。

dhcp-relay

cisco機器の場合、そのために必要なのが「ip helper address〈DHCPリレーサーバのIPアドレス〉」というコマンドです。

この設定は、L3 interface や、interface VLAN に設定してあげます。

 

上図のネットワークで言えば、DHCPクライアントはIPアドレスを取るために、「DHCP DISCOVER」をブロードキャストしますが、DHCPサーバはネットワークを超えた先にいるので、DHCPサーバには届きません。

しかし、DHCPリレーエージェントはDHCPクライアントが送信した「DHCP DISCOVER」をユニキャストでDHCPサーバに届けてくれます。

 

DHCPサーバからの帰りの通信も同じようなイメージで、DHCPクライアントに届けて、IPアドレスが払い出されます。

 

 



コメントを残す