Cisco

Cisco Catalyst 9200 シリーズについて

投稿日:

Catalyst 9200 シリーズの備忘録となります。詳細はCiscoサイトをご確認ください。

→ https://www.cisco.com/c/ja_jp/products/switches/catalyst-9200-series-switches/index.html

→ https://www.cisco.com/c/ja_jp/products/collateral/switches/catalyst-9200-series-switches/nb-06-cat9200-ser-data-sheet-cte-en.html

 

9200シリーズの主な特徴

・2960xとの主な違い
 アップリンク10G 4ポートまで提供
 PoEフルサポート
 すべて冗長電源可

・9200シリーズの特徴
 9200L ・・・ アップリンクが1G or 10G SFP固定
 9200 ・・・ アップリンクがモジュール型

 従来の2960X→9200L
 従来の2960XR→9200

 価格は従来モデルから、+5%程度
 保守含める同等程度になるらしい・・・

 

9200シリーズの差別化機能

スイッチ単体のセキュリティ機能が充実
・Trustworthy:正規ハード情報をチップに刻印し、不正ハードウェアの起動を防ぐ(改造を許さない)
・MACSec-128対応
・Full Flexible 
Netflowに標準対応:StealthWatchの可視化ソリューションにフル対応

 

ライセンス 2階層

・Networkライセンス
  Essentials ・・・ L2のみ
  Advantage ・・・ L3機能あり
・DNAライセンス(Subscription 3年、5年、7年)
  Essentials ・・・ パッチ管理、SD-Access、ネットワーク保証と分析 なし
  Advantage ・・・ フル機能
(詳細はciscoのサイトで!)

 

※EssensialとAdvanceの混在は不可
※DNAを利用しない場合もライセンスは必須
 期限が切れてもスイッチとしては動き続けるが、Smartアカウントのアラートは出続ける
※ハードウェア型番としてもE(Essensial)とA(Advance)があるためライセンスに合わせて選択

 

その他

・旧モデルのEOSアナウンスはまだ出てない
 過去の例をみると、2019年の中ごろには出てくるのでは?
・2960Lは従来と変わらず、引き続き提供する







-Cisco
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Cisco WLCのバックアップ・リストア方法

あらかじめ作業用端末PC上に3CDaemonなどのフリーのTFTPソフトを起動します。 知らなかったんですが、最近のバージョンからはHTTPでダウンロード・アップロードが可能になってました。 Cont …

Cisco Catalyst6500/4500 VSSの設定方法

VSS(Virtual Switching System)とはCatalyst6500や4500で使用する技術で、 2台の機器を1代台の機器に見せる技術です。 Catalyst3750などで使用するS …

Cisco IEEE802.1x認証の設定方法

  IEEE802.1x認証の設定方法、コンフィグについて記載します。 IEEE802.1x認証の説明は他サイトを見ればかなり詳しく載っていますので省きます。が、コンフィグ解説する上で、最低限押さえて …

Cisco CatalystスイッチとVM vSwitchのリンクアグリゲーション構成について

仮想基盤構築にあたって、 ネットワークスイッチとESXiとの接続は、ネットワークエンジニアとサーバエンジニアの境目になるところであって、認識のずれによって、トラブルになりやすいところとなります。 ネッ …

ip helper addressとは?DHCPリレーを実現する。

  DHCPとは? →  DHCPとはなにか。   一言でいうと、自動でIP、アドレスを割り当てるプロトコルです。   しかし、DHCPのパケットは一つ問題がありました。

Sponsored Link