FortiGate-100F まとめ

FortiGate


「FortiGate-100F」「FortiGate-101F」が2019年末より発売されています。
FortiGateの「F」シリーズは初となり、F系は「100」と内部ストレージ搭載モデルの「101」しかまだありません。

ちなみに、「100」と「101」等の末尾「1」に関しては、
内部ストレージの有無のみの違いとなります。性能的には同一です。

 

既存製品との比較

今までの100Eと何が違うのか、まずは比較となります。

FortiGate-100E
ファイアウォールスループット7.4 Gbps
IPSスループット500 Mbps
NGFWスループット360 Mbps
脅威保護スループット250 Mbps
ファイアウォール同時セッション2 M
インターフェース20 x GbE RJ45、2 x 共有ポートペア
定価¥627,000(UTMプロテクション版)
FortiGate-101E
スペックFortiGate-100Eと同様
内部ストレージ480 GBストレージ付き
定価¥940,500(UTMプロテクション版)
FortiGate-100F
ファイアウォールスループット20 Gbps
IPSスループット2.6 Gbps
NGFWスループット1.6 Gbps
脅威保護スループット1 Gbps
ファイアウォール同時セッション1.5 M
インターフェース2 x 10 GbE SFP+、18 x GbE RJ45、4 x 共有ポートペア
定価¥877,800(UTMプロテクション版)
FortiGate-101F
スペックFortiGate-100Fと同様
内部ストレージ480 GBストレージ付き
定価¥1,191,300(UTMプロテクション版)
FortiGate-200E
ファイアウォールスループット20 Gbps
IPSスループット2.2 Gbps
NGFWスループット1.8 Gbps
脅威保護スループット1.2 Gbps
ファイアウォール同時セッション2 M
インターフェース18 x GbE RJ45、4 x GbE SFP
定価¥1,128,600(UTMプロテクション版)
FortiGate-201E
スペックFortiGate-200Eと同様
内部ストレージ480 GBストレージ付き
定価¥1,442,100(UTMプロテクション版)

(NGFWは、ファイアウォール、IPS およびアプリケーション制御が有効な状態で測定)
(脅威保護は、ファイアウォール、IPS、アプリケーション制御、およびマルウェアに対する保護が有効な状態で測定)
(価格は定価から半分以上は落ちるイメージ)

詳細は公式の製品一覧を見ていただければと思います。
https://www.fortinet.com/content/dam/fortinet/assets/data-sheets/ja_jp/fortinet-ProductMatrix.pdf

 

所感

FortiGate-100Eと比べると、金額が倍ほどに上がっていますが、
UTM系のスループットが大幅に向上しています。


インターネット用ファイアウォールとしては、
UTM機能を使わないという選択肢はないです。

正直、1Gベストエフォートの回線に対して、
FortiGate-100Fの性能までは必要ないと思いますが、

データの通信料が上がっていく昨今に合わせて、
今後、回線の増強などの可能性を考えると、
今から更新する場合は、FortiGate-100Fへとグレードアップさせる選択肢しかないかなと思います。


内部FWとして、UTMを利用しない場合は、
また別問題のため、それぞれの環境に合わせて提案ですね。


ちなみに、FortiGate-100EのEOL情報はまだ出ていませんので、
当分は利用可能です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました