Cisco Catalyst 9200 シリーズについて

Cisco

Catalyst 9200 シリーズの備忘録となります。詳細はCiscoサイトをご確認ください。

→ https://www.cisco.com/c/ja_jp/products/switches/catalyst-9200-series-switches/index.html

→ https://www.cisco.com/c/ja_jp/products/collateral/switches/catalyst-9200-series-switches/nb-06-cat9200-ser-data-sheet-cte-en.html

 

9200シリーズの主な特徴

・2960xとの主な違い
 アップリンク10G 4ポートまで提供
 PoEフルサポート
 すべて冗長電源可

・9200シリーズの特徴
 9200L ・・・ アップリンクが1G or 10G SFP固定
 9200 ・・・ アップリンクがモジュール型

 従来の2960X→9200L
 従来の2960XR→9200

 価格は従来モデルから、+5%程度
 保守含める同等程度になるらしい・・・

 

9200シリーズの差別化機能

スイッチ単体のセキュリティ機能が充実
・Trustworthy:正規ハード情報をチップに刻印し、不正ハードウェアの起動を防ぐ(改造を許さない)
・MACSec-128対応
・Full Flexible 
Netflowに標準対応:StealthWatchの可視化ソリューションにフル対応

 

ライセンス 2階層

・Networkライセンス
  Essentials ・・・ L2のみ
  Advantage ・・・ L3機能あり
・DNAライセンス(Subscription 3年、5年、7年)
  Essentials ・・・ パッチ管理、SD-Access、ネットワーク保証と分析 なし
  Advantage ・・・ フル機能
(詳細はciscoのサイトで!)

 

※EssensialとAdvanceの混在は不可
※DNAを利用しない場合もライセンスは必須
 期限が切れてもスイッチとしては動き続けるが、Smartアカウントのアラートは出続ける
※ハードウェア型番としてもE(Essensial)とA(Advance)があるためライセンスに合わせて選択

 

その他

・旧モデルのEOSアナウンスはまだ出てない
 過去の例をみると、2019年の中ごろには出てくるのでは?
・2960Lは従来と変わらず、引き続き提供する

コメント

  1. 鬼ーちゃん より:

    Network Essentials でもL3機能は使えます。
    利用できないのは下記機能となります。

    高度なスイッチ機能とスケール
    EIGRP、HSRP、IS-IS、BSR、MSDP、IP SLA、OSPF

    ネットワーク セグメンテーション
    VRF、VXLAN、LISP、SGT

タイトルとURLをコピーしました