ネットワークツール

ネットワークエンジニアが使うツールについて

投稿日:2014年8月9日 更新日:

【ネットワークエンジニア必須ツール】

Teratarm

これを知らないエンジニアはいないと思います。機器の設定を行うときに使います。サーバー屋さんも使うので、インフラエンジニアとして外せないツールです。


Wireshark

ネットワークエンジニアであればよく使うと思います。障害などが発生した際に、流れているパケットを覗き見るためのツールです。

 

ExPing

連続Pingを行うときに使うツールです。特に、複数の宛先にPingを送信する際や、秒数を詳細に知りたい時に使います。コマンドプロンプトでのping -t(連続Pingを実行するコマンド)では正確な秒数はわからないので、ExPingを使います。

 

3Cdeamon

PCをFTP、TFTPサーバにするためのツールです。PC to PCでデータのやり取りを行う際やネットワーク機器のバージョンアップなどで IOSファイルをバックアップ・アップロードするために使用します。

 

inSSIDer

無線電波を可視化する無料にしては非常に優秀なツールです。チャネルや強度も把握できるため、最適な無線環境構築に役立ちます。大規模な構築であれば、あらかじめサイトサーベイと呼ばれる調査を有料ツール、業者を使って通常は行いますが、小規模であればこのツールがあれば問題ないでしょうね。

 

【ネットワークエンジニアがたまに使うツール】

ipsendwin

自由にMACフレーム、IPパケットを生成することができます。ファイアウォールの検証をする際に、ファイアウォールを通過できるパケット、できないパケットを生成して、想定通りの動作をするか検証できます。

 

BlackJumboDog

PCを簡易的なWebサーバー、メールサーバーなどするためのツールです。ファイアウォールを超えてWebページが閲覧出来るかなどの検証ができます。

 

VLC

これは動画再生で有名なソフトです。ネットワークエンジニアとしてはマルチキャストの検証をしたいときに使用します。マルチキャストアドレスを登録して、想定の端末で動画・音声が再生出来るか検証します。

 

 

【ネットワーク関係ないがよく使うツール】

winshot
簡単かつ、素早く画面キャプチャーを取るためのツールです。あらかじめ、設定しておいたフォルダにワンクリックでキャプチャした画像を保存することができます。ネットワーク機器にはGUIで設定することもよくありますが、その画面を保存しておくのに優れています。

 







-ネットワークツール
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

Sponsored Link