PaloaltoのRADIUS設定

 

PaloaltoのRadius設定についてです。

(RadiusサーバはACS ver5を想定しています。)

 

telnetなどでリモートアクセスする際に、ローカルのパスワードではなく、外部認証サーバを用いて、認証接続する方法です。

 

今回の機種はPaloalto認証サーバはACSを想定しています。

特に、権限付与する際のACSへのアトリビュートの設定が英語のサイトぐらいでしか見つけられないので、まとめることにしました。

 

・Paloalto 設定 (GUIで設定を行います。)

 

① Device > RADIUS にてRADIUSサーバを追加し、IP、Secret key、ポート番号の設定
をする。
Paloalto_Radius設定1

 

② Device > Authentication Profile にて認証用プロファイルを作成し、RADIUSサーバと
紐づける。
Paloalto_Radius設定2

 

③ Device > Setup > Management > Authentication Settings の Authentication Profile
②で作成したプロファイルに設定する。
Paloalto_Radius設定3

 

④ Device > Setup > Services > Service Route Configuration の Service Radius の
Source Address をACSに設定されたPaloaltoのIPアドレスに変更する。

(デフォルトはmanagement interface の IPとなる)
Paloalto_Radius設定4

 

・アトリビュートの設定について

① ACSのSystem Administration > Configuration > Dictionaries > Protocols > RADIUS >   RADIUS VSA にて、オリジナルのVSAを作成する必要があります。

Name:Paloalto
VenderID:25461

 

② System Administration > Configuration > Dictionaries > Protocols > RADIUS
> RADIUS VSA > Paloalto にて、RADIUS Dictionaryを作成します。

General Attribute:Radius attribute
Vendor Attribute ID:1

 

デフォルト権限について
GUIも同様の権限が付与される
Paloalto_RADIUS_アトリビュート

 

「ACSイメージ」(root権限)
Paloalto_RADIUS_ACSイメージ

 



コメントを残す