アライドテレシス 認証サーバ

CentercomスイッチのRADIUS設定

投稿日:2015年11月22日 更新日:

 

Centercom のRadius設定です。
(RadiusサーバはACSを想定しています。)

telnetなどでリモートアクセスする際に、ローカルのパスワードではなく、外部認証サーバを用いて、認証接続する方法です。

 

今回の機種はCentercomスイッチ認証サーバはACSを想定しています。

特に、権限付与する際のACSへのアトリビュートの設定は英語のサイトぐらいで
しか見つけられないので、まとめることにしました。
(Centercomは日本語マニュアルに書いてあります。
「型番 コマンドレファレンス」などで検索すると出てきます。)

 

・Centercomコマンド

ADD RADIUSSERVER SERVER =10.1.1.1 SECRET =(key) PORT =1645
ADD RADIUSSERVER SERVER=10.1.1.2 SECRET=(key) PORT=1645
SET RADIUS TIMEOUT=15
SET USER=(login-name) RADIUSBACKUP=yes /// RADIUSサーバーの障害時に、使用するユーザを定義

 

・アトリビュート
Centercom_RADIUS_アトリビュート

 

「ACSイメージ」
Centercom_RADIUS_ACSイメージ

 

 







-アライドテレシス, 認証サーバ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

PaloaltoのRADIUS設定

  PaloaltoのRadius設定についてです。 (RadiusサーバはACS ver5を想定しています。)   telnetなどでリモートアクセスする際に、ローカルのパスワー …

Cisco ACS ver4.xとver5.xの違いについて

  ACSの勉強と構築する機会があったので、 今回はACS ver4.xとver5.xの違いを説明したいと思います。 ver4とver5の大きな違いは、 認証モデルとレプリケーションの違いで …

アライドスイッチ コマンド/マニュアル/ファームウェア/初期ログイン

  アライドのスイッチについて。 正直、ネットワーク機器というのは、 メーカーが違っても対して変わりません。 もちろん、コマンドの違いとか、 多少の技術の違いとかありますよ。そりゃ。

Cisco ACS ver5 ログコレクタとレプリケーションの設定方法

今回は、Cisco ACSのログコレクタについてと、 レプリケーション(冗長化)の設定方法を説明します。 特に、レプリケーションの設定でうまくいっていない場合は是非参考にしてください。  

CiscoスイッチのTACACS+設定

  CiscoスイッチのTACACS+設定です。 (TACACS+サーバはACSを想定) telnetなどでリモートアクセスする際に、ローカルのパスワードではなく、外部認証サーバを用いて、認 …

Sponsored Link