HTTP/HTTPSとはなにか。~Webページを表示させる~

今回は、Webアクセスの標準「HTTP/HTTPS」についてです。

 

HTTPはHyper Text Transfer Protocol、HTTPSはHTTP over Secure Sockets Layerの略です。Secure Sockets LayerはSSLと略されます。

HTTPの通信をSSLという技術で暗号化し、安全性を高めたものがHTTPSですね。

つまり、HTTPとHTTPSの違いは通信の中身が見れるか、暗号化されて見れないかの違いです。

じゃあ、なんでもかんでもHTTPSにしたほうがいいだろうと思うかもしれませんが、SSLの技術を使うには、専用の会社(ベリサインなど)にサーバ証明書を発行してもらう必要があるため、お金がかかります。

 

なので、ショッピングサイトの決済画面のような個人情報、口座番号を入力するような秘匿性の高い画面以外では通常HTTPを使います。

 

ちなみに、URLはHTTPの場合、http://~~~ですが、HTTPSになると、https://~~~と「s」がついています。注意しないと気づかないと思いますが、簡単に判別できますので、一度機会があれば見てみたら良いですね。

 

では、動きを確認していきましょう。

 

HTTP/HTTPSはWebブラウザとWebサーバの間で通信を行います。

僕たちユーザ側はインターネットをみようと思った時に、Internet ExplorerやGoogle Chrome、Firefoxなどを開きますよね。これがWebブラウザというものです。そこから、色々なサイトにアクセスして、インターネットを楽しみます。

 

ユーザ側からは、このようなパソコン画面しか見えていないわけですが、裏では、HTTP/HTTPSが各サイト情報を保存してあるWebサーバに「Webページを表示させてください。」とリクエストしたり、Webサーバがそれに応答したりしています。

 

http_https

 

 

 

 

まとめると、こうなります。

①    ユーザがWebにアクセスする。

②    Webブラウザが指定されたWebサーバに対して、HTTPリクエストを要求する。

③    Webサーバソフト(ApacheやIIS)が要求された内容を処理する。

④    Webサーバが要求されたWebページを応答する。

⑤    Webブラウザが受け取ったデータを処理して画面に表示させる。

 

ちなみに、WebブラウザからWebサーバにアクセスする際は、IPアドレスを用い、データのやり取りにはIPパケットを使います。

 

TCP/IPはネットワークの基本なのです。

 



コメントを残す