ネットワークの基本

家のパソコンからインターネットを見るときのパケットの流れ

投稿日:2014年5月17日 更新日:

今回は、~IPパケットの流れを知れば、ネットワークがわかる。~シリーズの第二弾となります。

 

普段、僕たちのパソコンからどのようにデータが送られて、どのようなプロトコルを使っているのかを説明していきます。今回は、ちょっとした例として、「家のパソコンからインターネットを見るとき」というシチュエーションでみていきます。

 

パソコン図

まず、パソコンは宅内のネットワークであるLANにつながっています。そこから、インターネットに出ていくためには、自分自身のIPアドレスが必要になります。

 

これは、個人が登録しているプロバイダーからDHCPというプロトコルを使って自動で割り当てられます。また、ここで言うIPアドレスとは、インターネットに出ていく必要があるため、グローバルIPアドレスということになります。

 

次に、目的地のIPアドレスを調べる必要があります。ブラウザから「http://www.sample.com」のようなURLを入力して、ホームページを見る場合、「www. sample.com」というのはドメイン名といいますが、DNSというプロトコルを使って、このドメイン名から、宛先IPアドレスを調べることができます。

 

つまり、「www. sample.com」は「201.19.10.1(例)」です。ということを教えてくれます。

 

これで送信元IPアドレスと宛先IPアドレスが分かりました。

これで後は送るだけと思うかもしれませんが、これでは、目的地までの“経路”がわからない状態です。

 

だから、次に、最初にパケットを送る相手を調べます。

インターネットの世界にいくためには、デフォルトゲートウェイに送らなければなりません。

デフォルトゲートウェイとは、別のネットワークにいくための橋渡しとなる機器のことです。つまりデフォルトゲートウェイとなる機器はルーティングを行います。(主にルータがこれに当たる。)

 

ちなみにデフォルトゲートは予めPCに登録して置きます。(DHCPで自動的にIPアドレスを割り当てる際には、デフォルトゲートウェイも同様に自動で割り当てることが可能です。)

 

デフォルトゲートウェイまでの経路は、OSI参照モデルでいうところのL2(Layer2)に当たります。L2とはデータリンク層です。この段階では、パケットはEthernetフレームに包まれて運ばれます。また、送信元と送信先として、MACアドレスが使われます。

 

しかし、初めてデフォルトゲートウェイにパケットを送る際、デフォルトゲートウェイのMACアドレスはわかりません。

そのため、MACアドレスを調べるため、「ARP」というプロトコルを使用します。

 

このプロトコルは、「IPアドレスからMACアドレス」を調べることができます。そして、ARPテーブル(パソコンやルータが持ちます。)に保存します。

 

よって、パケットはデフォルトゲートウェイまで到達できます。また、ARPテーブルに保存にIPアドレスとMACアドレス一覧を保存することによって、次回から、ARP要求しなくても、パケットを目的地まで運ぶことができます。

 

ただし、ARPはネットワークを超えて運ばれることはないので、違うネットワークにいくためには、必ずルータなどの機器でルーティングされる必要があります。

また、しつこいようですが、そのような機器がデフォルトゲートウェイになるということです。

 

packet_flow

 

 

 

 

 

→ 次回は、「どのように通信事業者のネットワークを通って、目的のWebサイトに到達するのか。」を説明します。

 

========関連リンク集===================================

IP/ DHCP  /  DNS  /  ARP

 







-ネットワークの基本
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

そもそもIPパケットとはなにか?

今回は、~IPパケットの流れを知れば、ネットワークがわかる。~シリーズの第一弾となります。   ネットワークを理解ためにはまずは、IPパケットの流れを知ることが一番です。 そして、今回は、そ …

ルーティングプロトコルがプロバイダー網を通って目的地へ送り届ける

~IPパケットの流れを知れば、ネットワークがわかる。~シリーズの第四弾です。   今回は、通信事業者のアクセス網を抜けた先のプロバイダーのネットワーク網に ついてとなります。

大規模データセンター内に潜むWebサーバ

~IPパケットの流れを知れば、ネットワークがわかる。~シリーズの第五弾で、今回で最終回となります。 今回は、プロバイダ網を通ってきたパケットが目的のWebサーバに到着するところになります。

プロバイダーのネットワークへ向けてPPPoEがトンネルを張る。

今回は、~IPパケットの流れを知れば、ネットワークがわかる。~シリーズの第三弾となります。   今回は 家のLANから出たパケットがどのように運ばれているかについてです。

OSI参照モデルをわかりやすく説明 階層図

  OSI参照モデルはネットワークの考えにおける基準となるものです。 「通信機能を階層化したモデル」とよく表されたりしています。  

Sponsored Link