NetScaler

NetScaler基本設定方法

投稿日:

NetScalerの基本的な機能説明と設定について記載します。

負荷分散

負荷分散方式として、典型的なものとして下記のとおりが存在します。

XenDesktop、XenAppで使用する場合は、デフォルトのLeast Connectionsを使用することが一般的です。

一部抜粋、その他方式もいろいろあります。

Least Connections(最小接続数) デフォルト方式

接続数が最も少ないサーバに接続要求を転送します。

 

Round Robin(ラウンドロビン)

周期的なパターンに従って、接続要求をサーバに転送します。

 

Least Bandwidth (最小帯域幅)

各サーバで使用されている帯域幅をMbps単位で計測し、最小のNW帯域使用率のサーバに接続要求を転送します。

 

Lease Response Time (最小応答時間)

各サーバからの応答時間を測定し、応答時間が最も短いサーバに接続要求を転送します。

 

パーシステンス

HTTP処理の永続性を維持することを意味します。

一連のHTTP処理でトランザクションを構成する処理の場合は、トランザクション内のHTTPリクエストを同じ物理サーバに処理を割り振る必要があるため、そのような設定が必要となります。

通常、ソースIPアドレスに基づいてセッション維持を行います。

 

ヘルスチェック

サーバが正しくサービス提供できるかどうかの確認をチェックします。

Ping 確認、サービス確認が可能です。サービスにはXenDesktop、XenApp環境で利用するSTOREFRONTなどもあります。

当然ですが、ヘルスチェックに失敗したサーバはロードバランスの対象から外れます。

 

設定方法

下記の順で設定を入れていきます。

・Load Balancingの有効化

・サーバの追加

・モニタの設定

・サービスの追加

・バーチャルサーバの追加

 

Load Balancingの有効化

[System]>[Settings]>[Configure Basic Features]より、Load Balancingにチェックを入れLoad Balancing機能を有効化ます。

以降、 [Traffic Management]>[Load Balancing]から設定を行っていきます。

 

サーバの追加

[Traffic Management]>[Load Balancing] >[Servers]から[Add]をクリックし、サーバを追加します。

 

モニタ追加

[Traffic Management]>[Load Balancing] >[Monitors]から[Add]をクリックし、モニタに使用するサービスを追加します。

デフォルトで複数のサービスが用意されていますが、XenDesktop、XenApp特有のSTOREFRONTなどもあります。

 

サービスの追加

[Traffic Management]>[Load Balancing] >[Services]から[Add]をクリックし、負荷分散するサーバの接続方法を設定します。

[OK]をクリックすると下記画面に遷移します。

 [Moniters]より、サーバへのモニタ方法を設定できます。デフォルトはTCPセッションが張れることとなっています。


負荷分散装置をかますことで、送信元IPアドレスが負荷分散装置のアドレスとなりますが、X-Forwarded-Forの設定を実施することで、クライアントのIPアドレスをHTTPヘッダのX-Forwarded-For領域に格納することができます。

設定としては、[Settings]を編集し、Client IPにチェックをいれ、Header欄にX-Forwarded-Forと入力します。

  

バーチャルサーバの追加

[Traffic Management]>[Load Balancing] >[Virtual Servers]から[Add]をクリックし、バーチャルサーバを設定します。

[OK]をクリックすると下記画面に遷移します。

右側の[Advanced]より様々な設定が可能です。
[Method]から、負荷分散方式の設定が可能です。デフォルトは、LEASTCONNECTIONとなります。

 

X-Forwarded-Forの検証

サーバ側にてWiresharkを起動し、HTTPパケットをキャプチャします。

Hypertext Transfer Protocolを開けて、 X-Forwarded-Forの項目に正しいIPアドレスが挿入されていることを確認します。







-NetScaler
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

NetScaler仮想アプライアンスのセットアップ方法

NetScalerの仮想アプライアンスは、検証用として下記サイトよりダウンロード可能です。 https://www.citrix.co.jp/products/netscaler-adc/get-st …

NetScaler HA構成時のバージョンアップ方法

NetScalerのHA構成時のバージョンアップ方法について記載します。 GUIで2号機から実施してみるとなぜか失敗しましたので、下記のサイトを参考にSSHで実施するのがよさそうです。

Sponsored Link