NetScaler

NetScaler仮想アプライアンスのセットアップ方法

投稿日:2018年10月6日 更新日:

NetScalerの仮想アプライアンスは、検証用として下記サイトよりダウンロード可能です。

https://www.citrix.co.jp/products/netscaler-adc/get-started.html

NetScaler VPX on XenServer

NetScaler VPX on VMware

NetScaler VPX on Hyper-V

NetScaler VPX on KVM

 

VM版で構築しましたが、
デプロイ後、起動してコンソールから、 下記情報を入力

IPアドレス

サブネットマスク

デフォルトゲートウェイ

 

http://IPアドレス でGUIへ接続します。

Username: nsroot

Password: nsroot

 

初期セットアップとして、

1 NetScaler IP Address
2 Subnet IP Address
3 Host Name, DNS IP Address, and Time Zone
4 Licenses

 

「NetScalerのIPアドレス種類」
• NSIP (netscaler IP Address):netscaler独自のIPアドレス、管理IPアドレス
• SNIP ( subnet IP Address):別のサブネット上にあるサーバからNetScalerシステムにアクセスするためのIPアドレス
• Virtual IP (Virtual Server IP Address):クライアントにサービスを提供するためのIPアドレス

 

ライセンスは仮想アプライアンスのダウンロード時に、trial licenseが発行されますので、 ライセンスツールからライセンスのアクティベーションを実施します。 https://www.citrix.com/account/#/manage-licenses/redownload

 

検証用NetScalerはインターネットに接続できない環境で実施していたので、 ライセンスファイルをダウンロードし、評価ライセンスを適用します。

 







-NetScaler
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

NetScaler HA構成時のバージョンアップ方法

NetScalerのHA構成時のバージョンアップ方法について記載します。 GUIで2号機から実施してみるとなぜか失敗しましたので、下記のサイトを参考にSSHで実施するのがよさそうです。

NetScaler基本設定方法

NetScalerの基本的な機能説明と設定について記載します。 負荷分散 負荷分散方式として、典型的なものとして下記のとおりが存在します。 XenDesktop、XenAppで使用する場合は、デフォル …

Sponsored Link