Cisco

CiscoルータでPPPoEサーバを設定する方法(複数拠点接続)

投稿日:2014年3月15日 更新日:

 

EthernetのLAN環境から、企業に拠点があって通信業者のWAN網を使う場合、
または、インターネットに接続する際などに、「PPPoE」という技術を使います。

PPPoEとは、PPP over Ethernetの略でEthernet上でPPPフレームをやりとりできる。

また、PPPとは、Point to Point Protocolの略で、ポイントツーポイントで接続し、認証やIPアドレスの割り当てなどを行うプロトコルです。

 

 

このPPPoEの検証を社内など通信事業者の回線の引いていない場所で行う場合、CiscoルータでPPPoEサーバをたてて、実際に拠点間でうまく通信ができるかなどのように検証します。

今回は、CiscoルータでPPPoEサーバをたてるためのコンフィグを備忘録的に書いておこうと思います。

以下、ネットワークを想定しています。

PPPoE

 

以下、コンフィグです。

**********************************************************************

hostname PPPoE-Server

vlan 1-3

username 〈拠点ルータ①username〉 password 〈拠点ルータ①password〉
username 〈拠点ルータ②username〉 password 〈拠点ルータ②password〉
username 〈拠点ルータ③username〉 password 〈拠点ルータ③password〉

bba-group pppoe pppoe01
virtual-template 1
!
bba-group pppoe pppoe02
virtual-template 2
!
bba-group pppoe pppoe03
virtual-template 3

interface Loopback1
ip address 10.10.1.1. 255.255.255.255  ///ここのIPはなんでもOK///
!
interface Loopback2
ip address 10.10.1.2 255.255.255.255
!
interface Loopback3
ip address 10.10.1.3 255.255.255.255

interface GigabitEthernet1
switchport access vlan 1
!
interface GigabitEthernet2
switchport access vlan 2
!
interface GigabitEthernet3
switchport access vlan 3

!
!
interface Virtual-Template1
mtu 1454
ip unnumbered Loopback1
peer default ip address pool pool01  ///任意のpool名///
ppp authentication pap chap
!
interface Virtual-Template2
mtu 1454
ip unnumbered Loopback2
peer default ip address pool pool02
ppp authentication pap chap
!
!
interface Virtual-Template3
mtu 1454
ip unnumbered Loopback3
peer default ip address pool pool03
ppp authentication pap chap
!

!
!
interface Vlan1
no ip address
pppoe enable group pool01
!
interface Vlan2
no ip address
pppoe enable group pool02
!
interface Vlan3
no ip address
pppoe enable group pool03
!
ip local pool pool01 〈拠点ルータ①払い出されるIP〉 ///interface Virtual-Template1で設定したpool名と対応///
ip local pool pool02 〈拠点ルータ②払い出されるIP〉
ip local pool pool03 〈拠点ルータ③払い出されるIP〉

**********************************************************************

 

拠点がもっと増える場合は、同じ感じで増やしていただけでば、OKかなと。

 

 







-Cisco
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Cisco Catalyst6500/4500 VSSの設定方法

  VSS(Virtual Switching System)とはCatalyst6500や4500で使用する技術で、 2台の機器を1代台の機器に見せる技術です。Catalyst Catal …

PPPoEとは?ciscoルータによる拠点間VPNの設定方法

  今回は、ciscoルータのPPPoEのコンフィグについて ですが、まずはPPPoEってそもそもなにというところから。 PPPoEというのは、PPP over Ethernetの略で、 深 …

Cisco ACS ver4.xとver5.xの違いについて

  ACSの勉強と構築する機会があったので、 今回はACS ver4.xとver5.xの違いを説明したいと思います。 ver4とver5の大きな違いは、 認証モデルとレプリケーションの違いで …

Cisco IEEE802.1x認証の設定方法

  IEEE802.1x認証の設定方法、コンフィグについて記載します。 IEEE802.1x認証の説明は他サイトを見ればかなり詳しく載っていますので省きます。 が、コンフィグ解説する上で、最 …

Ciscoルータ・スイッチをDHCPサーバとして設定する方法

  今回は、ciscoルータをDHCPサーバにするための設定方法を解説します。   実は、ルータだけでなく、L3機能を有していればDHCPサーバとして動かすことが可能なので、L3ス …

Sponsored Link