Apresia

Apresiaスイッチの基本設定・コマンドについて

投稿日:2015年12月30日 更新日:

 

2014年現在、ApresiaスイッチのOSとして、AEOS7とAEOS8がある。

AEOS7の製品は主に、Apresia3400シリーズ、Apresia4300シリーズ、Apresia5400シリーズ
AEOS8の製品は主に、Apresia13200シリーズ、Apresia15000シリーズ、

 

○ログイン
login: adpro ///デフォルトのログイン名(パスワードなし)
>

 

○設定保存
# copy running-config flash-config (ciscoのstartup-config)

 

○ユーザの設定
(config)# username [ユーザ名] [adpro / user]

・adproは管理者権限。設定の編集が可能
・userはユーザ権限。設定参照はできるが、編集はできない。
・adproとuser権限を持たすことができるのは合計8コまで。

ホスト名、IPアドレス、VLAN、ルーティングの設定は、ciscoとほぼ同じです。

 

○LAGについて
LAGとはリンクアグリゲーションのことで、ciscoでいうところのEtherchannel。
コンフィグの作り方自体はciscoとたいして変わらない。

・インターフェースをLAGに参加させる
(config-if-port)# link-aggregation [グループ番号]

・負荷分散アルゴリズムを設定
(config)# link-aggregation algorithm [アルゴリズム] ///AEOS7の場合

(config)# interface lag [グループ番号]
(config-if-lag)# algorithm-base [アルゴリズム]

・アルゴリズムについて
【AEOS7】
・dst-ip-base ・・・ 宛先IPアドレスで分散
・mac-base ・・・ 送信元/宛先MACアドレスで分散(デフォルト)
・ip-base ・・・ 送信元/宛先IPアドレスで分散

【AEOS8】
・dest-ip ・・・ 宛先IPアドレスで分散
・src-dst-ip ・・・ 送信元/宛先IPアドレスで分散
*デフォルトは no algorithm-base ・・・ 送信元/宛先MACアドレスで分散

 

*あとApresiaスイッチでは、STPはデフォルトで無効になっているので注意が必要。

 







-Apresia
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ApresiaのRADIUS設定

  ApresiaのRADIUS設定の設定です。 (RADIUSサーバはACS ver5)   telnetなどでリモートログインする際に、ローカルのパスワードではなく、外部認証サ …

Apresiaスイッチのユーザループ検知機能とフラッディング制限機能

  L2ループの対策として2つの機能があります。 それはユーザループ検知機能とフラッディング制限機能です。 また、Apresiaスイッチでは、デフォルトでSTPが無効になっているため、 ルー …

ApresiaスイッチのAccessDefenderの設定方法

  AccessDefenderとはAPRESIAが提供している ネットワーク認証などのセキュリティ機能を融合した統合セキュリティソリューションです。 認証サーバとの連携を行い、ネットワーク …

ApresiaLightFMシリーズのTACACS+設定

  ApresiaLightFMシリーズのTACACS+の設定について。 TACACS+サーバはCiscoのACS ver5を想定しています。   telnetなどでリモートアクセ …

Sponsored Link