情報処理安全確保支援士 資格対策

 

情報処理安全確保支援士の取得に向けて、
大題ごとのまとめ記事を記載。

情報セキュリティついては今後ますます業界内のトレンドとなっていきます。

 

IoTやフィンテックというバズワードからも、コンピュータだけでなく様々な媒体がインターネットの脅威に晒される危険性、ビットコインなどの仮想通貨の発展により、匿名で直接金銭の要求ができるようになって進化してきたランサムウェアといった具合に私たちはますますハッカーの脅威に晒されていきます。

 

これらに連れて、セキュリティエンジニアの需要がますます高くなっていくでしょうか。
もちろん、ネットワークエンジニアにとっても重要なスキルとなっていくでしょう。

 

情報処理安全確保支援士は情報セキュリティ対策の専門家の入り口として保持しておきたい資格ですね。

 

情報セキュリティ対策の基本的な考え方

情報セキュリティマネジメントについて

情報セキュリティにおける脅威の種類について

情報セキュリティの脆弱性ついて

電子メールの仕組みと脆弱性について

DNSの仕組みと脆弱性について

HTTP・Webアプリケーションの脆弱性

ファイアウォールについて

IDS/IPSについて

WAF(Webアプリケーションファイアウォール)について

認証システムについて

暗号化について

シングルサインオン(SSO)について

 

投稿日:

執筆者:

Sponsored Link